ニキビ跡を薄くする美容液

ニキビケアで後悔しないために

ニキビが顔にできてしまうと嫌でも目立ってしまいますよね。
気になって触ってしまったり、膿を出そうとしてつぶしてしまったり、うっかりひっかいてしまったりなどなど…原因は様々ですがニキビを刺激することによって悪化してしまったのがニキビ跡です。

 

実は、ニキビ跡ケアには守らなければいけない3つのメソッドがあります。
悪化して取り返しがつかなくなる前に、このメソッドを実行してニキビ跡とサヨナラしましょう!

メソッド1: スキンケアを見直す

あなたが今使っているスキンケアはどんな理由で購入したか覚えていますか?
「口コミサイトでランキング上位だったから」「お店で見て気になったから」?ニキビ跡を本気で治したいなら、成分やどういった症状に効く商品なのかもスキンケアを選ぶ重要なポイントになってきます。スキンケアでニキビ跡をケアするのではあれば欠かせないのが美容液です。

美容液イメージ

化粧水や乳液では補えないニキビ跡に有効な成分だけでなく、美容成分もたっぷり入っているので是非取り入れてください。ニキビ跡ケアができる美容液もご紹介するので、是非参考にしてみてくださいね!


パルクレール美容液

モデルやタレントの間でも愛用者続出のパルクレール美容液
ニキビ有効成分がたっぷりと含まれており、さらには化粧水・乳液・美容液・化粧下地として使えるオールインワン美容液というのも魅力の一つ。
オールインワン美容液パルクレールって?>>>

パルクレールLP

今話題の高濃度プラセンタエキス、ニキビ跡ケアに必須のグリチルリチン酸ジカリウムがたっぷり含まれています。プラセンタエキスはニキビ跡の原因となるメラニンを古い角質とともに排泄してくれる機能があります。お肌を若返らせるアンチエイジング成分で肌のターンオーバーを促し、肌細胞を活性化させお肌のハリも取り戻してくれます。

美容成分イメージ

グリチルリチン酸ジカリウムは高い抗炎症効果や殺菌、ニキビ予防で知られている成分です。パルクレールは、ニキビ跡をケアするためにこのグリチルリチン酸ジカリウムが主成分として配合されています。
成分について詳しく見る>>>

加えてパルクレールの特徴は、厳選された3種類の高品質ヒアルロン酸!
ヒアルロン酸は高い保水効果があり、お肌を保湿するというよりはお肌に潤いのヴェールを作ってバリアとしての機能を果たしてくれます。その威力はすさまじく、1gあたり6リットルもの水分を蓄えられるほど!クッションとしての役割も果たしてくれるので、刺激からお肌を守ってくれます。

パルクレールLP
パルクレールでニキビ跡ケア!>>>


ベルブラン美容液

ベルブラン美容液は美容口コミサイト@cosme でも5.1ptの高評価を獲得している実力派美容液です。
特徴は何といってもビタミンC誘導体が配合されていること!正式名称は3-o-エチルアスコルビン酸といって、ビタミンC誘導体の中でも特に優秀な成分です。
ビタミンC誘導体入り美容液ベルブランって?>>>

ベルブラン

通常のビタミンC誘導体は、吸収されやすいようにビタミンCとそれ以外の成分を合体させて作っているので、吸収された後の効果が安定しないことが欠点でした。しかし、ベルブラン美容液に配合されているビタミンC誘導体は、単体でお肌に浸透してくれるので安定性と即効性はピカイチ◎

レモン

さらに、高濃度のトラネキサム酸も配合。トラネキサム酸とは、メラニン生成を抑える効果や抗炎症作用があるので肌荒れやシミに効果があります。シミの原因となるメラニンは、ニキビ跡の原因でもあるのでしっかり効果を発揮してくれますよ♪
ベルブランでニキビ跡ケア!>>>


アクレケア

アクレケアは優しいニキビケア成分がたくさん入ったニキビ跡ケア専用美容液です。優しくといっても、効果が薄いというわけではありません!果実や植物などを原料にした成分を中心に配合しています。
自然派美容液アクレケアって?>>>

アクレケアLP

中でも、アクレケアはビタミンCたっぷりのカムカムエキスが入っているのがポイント!しかも、アクレケアに使われているカムカムエキスはビタミンC含有率世界一を誇るアマゾン川に自生する天然素材。カムカムに含まれるビタミンCはレモンの60倍ともいわれており、ビタミンCにはシミ改善・色素沈着阻害効果・ニキビ改善作用などもある有名な美肌効果!ほかにも茶エキスなど優しい成分がたっぷり♪

フルーツ

さらに高濃度で配合されているアルブチンもニキビ跡には効果てきめん。アルブチンとは、お肌の漂白剤と言われている美肌成分とブドウ糖を結合させた成分です。

ハイドロキノンは、最近店頭でも販売されるようになった女性のお肌の味方!メラニンが活性化するときの酵素チロナーゼを抑えてくれる効果があります。色素沈着を防いでくれるのでニキビ跡ケアには効果的ですね。

液体イメージ

アクレケアでニキビ跡ケア!>>>

メソッド2: とにかく触らない

冒頭でもちらっと書いたんですが、とにかく触ってはいけません。触るといっても手だけではないんですよ。注意しなければいけない点を日常生活でちょっと気を付けるだけで改善できるはずです。

@スキンケア

スキンケアはとにかくできるだけ肌に触れずに済ませることが重要です。例えばオールインワン化粧品を使うとか、手で触る回数を防ぐためにコットンパックを活用するなど方法は様々です。特に注意してほしいのが洗顔!ニキビが気になるからと言って何度も何度も洗顔していませんか?

美容イメージ

手で洗うのではなく、洗顔料を泡立てて泡を滑らせるように洗顔してみてください。洗顔をおろそかにすると毛穴に汚れが詰まったままの状態になるので、ニキビの原因になってしまいます。あくまで泡を使ってしっかり洗顔することと、しっかりすすぐことを忘れないでください。洗顔の後は化粧水や美容液でケアするのを忘れずに!
おすすめ美容液の詳細はこちら>>>

Aメイク

ニキビ跡を優秀なコンシーラーやカバー力の高いファンデーションで隠すことはもちろんできます。でも、お化粧するときにブラシやスポンジでニキビを刺激してしまっていませんか?

メイクする女性

刺激もさることながら、問題なのは毛穴にコスメが入り込んで悪化してしまうこと。@でも説明しましたが、毛穴に汚れが詰まるとニキビの原因になります。ニキビ跡でも同じことが起こるので悪化の原因になってしまいます。お化粧で一時しのぎのはずが、一生消えない傷跡になってしまいます。

B紫外線

夏に多いといわれている紫外線ですが、夏以外でも紫外線を浴び続けているのをご存知ですか?
紫外線を浴びすぎたお肌は、炎症によって弱っている状態です。弱ったお肌を守ろうとしたお肌は過剰にメラニン色素を発生させるためニキビ跡からシミになってしまうのです。

日焼けイメージ

ターンオーバーで排出されないままのメラニン色素はシミになりやすい状態と言えるでしょう。Spf値が高い日焼け止めや化粧品で紫外線対策も忘れずに行いましょう!
メラニンにも効果的な美容液は?>>>

メソッド3: 生活習慣の改善

ニキビ跡を薄くするには長期的なケアが必要になってきます。最終的にニキビ跡をきれいに治したいのであれば、生活習慣も改善する必要があります。客観的に自分の生活習慣を見直すだけで意識も変わり、改善のきっかけになります!

 

@食生活

最近たっぷり野菜を食べた覚えがない、コンビニのお弁当やお惣菜ばかり食べているなんてことありませんか?ナッツ類やチョコレート・揚げ物を食べた翌日ニキビができているなんてことはありませんか?

 

動物性脂肪や糖質の過剰摂取はニキビの原因となるトリグリセリドの増加につながるので、このような症状を引き起こします。野菜を中心に摂取するよう心掛けてください。簡単なメニューとしては野菜炒めなどがおすすめ。油は必ず避けなければいけないというわけではありません。忙しい平日の外食が避けられないという方は、週末にこういったメニューを取り入れてみてください!

 

野菜

 

A睡眠

あなたも22時から2時の間はお肌のゴールデンタイムというのを1度は聞いたことがあると思います。これは肌再生を促す成長ホルモンが分泌されやすいからだといわれています。つまりは肌のターンオーバー促進ですね。
ターンオーバーの促進もできる美容液>>>

 

寝ている女の子

 

この有名なお肌のゴールデンタイムには、入眠からの3時間という新説があります。実は前までの説は科学的根拠が全くありません。良質な眠りを手に入れるためには、朝起きてすぐにカーテンを開けて日光を浴びる、アルギニンをたくさん摂取するなどがおすすめです。

 

Bストレスの軽減

現代人の日常生活においてストレスは切っても切れない存在になりつつあります。私も新生活が始まってすぐはものすごい勢いでニキビができてしまいました。
しかし、ストレスは自分で減らそうと思って減らせるものではないですよね。でも、軽減させることはできます!適度な運動を取り入れたり、最近ではアロマを気軽に楽しめる家電やグッズがたくさん出ていますよ♪

 

アロマキャンドル

 

おすすめは、リラックス効果が高く心地よい眠りを誘うラベンダー、気分が明るくなりすっきりとした気分になれるオレンジ・スイートなどです。これらの香りはニキビにも効果がある成分なので、アロマ機能付きの美顔器で使用してもいいですね!
ローズマリーなども配合されたおすすめ美容液>>>

ニキビ跡の種類

あなたのニキビ跡はどんな症状ですか?
1度、鏡を見て自分のニキビ跡がどんな症状なのか確認してみてください。

 

できてしまったニキビ跡に関しては、3つのメソッドの中でも効果があらわれやすいスキンケアの見直しが最も効果的です。

 

スキンケアの成分表示を確認する女性

 

スキンケア商品はそれぞれの得意分野があるので自分のニキビ跡のタイプを知って、それに合ったスキンケア商品を使う必要があります。

 

そこで、3つのニキビ跡タイプにあった美容液をご紹介しますので、参考にしてみてください。
また、ニキビケアで後悔しないための3つのメソッドでも美容液について触れていますので、よろしければあわせて読んでみてくださいね!

 

タイプ@:赤みタイプ

赤みタイプのニキビ跡

 

赤みタイプのニキビ跡は、目立ちやすいですがニキビ跡の中では軽症なので治りも早いのが特徴です。安心してください。
これは、ニキビが治る際に炎症を起こした部分だけ治らずに残ってしまっているのが原因。

 

赤みタイプのニキビ跡に効果がある美容液はパルクレールです。

 

抗炎症作用があるグリチルリチン酸が配合されているので、チェックしてみてください。
オールインワン処方なので、これ一本で潤いのあるお肌に導いてくれる、人気商品ですよ♪

 

パルクレールの詳細をチェック↑↑

 

 

タイプA:色素沈着タイプ

色素沈着タイプのニキビ跡

 

色素沈着タイプのニキビ跡は、ニキビ跡を刺激したことによってメラニンが発生し、色素がそのままお肌に沈着してしまっているのが特徴です。
シミのようになっており、茶色いぽつぽつができます。

 

色素沈着タイプのニキビ跡に効果がある美容液はベルブランです。

 

メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸や、皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体が配合されています。
ブースター効果のある美容液なので浸透力があり、お肌の奥までしっかりアプローチしてくれますよ!

 

私もこのタイプのニキビ跡に悩まされていた1人。
しっかり時間をかけてケアすることによって必ず良くなります!

 

ベルブランの詳細をチェック↑↑

 

 

タイプB:クレータータイプ

クレータータイプのニキビ跡

 

クレータータイプのニキビ跡は、ニキビ跡の中でも最も治療が難しいとされています。

 

ニキビによって傷ついた肌に、過剰なターンオーバー(肌の生まれ変わり)が起こります。
その際に、うまく再生されなかったために凸凹になってしまうのです。

 

クレータータイプのニキビ跡に効果がある美容液はアクレケアです。

 

25歳を境に減少するといわれているV型コラーゲンや、たっぷりのビタミンCを含んでいるのでなめらかな凸凹の気にならないお肌にしてくれます。

 

アクレケアの詳細をチェック↑↑

ニキビ跡を作らないために

ご存知の通り、ニキビ跡はニキビが何らかの刺激を受けることでニキビ跡になってしまいます
つまり、ニキビができなければ跡になることはありませんよね!

 

大人になってからできるニキビと、ほとんどの方が悩まされる思春期ニキビとでは原因が違うので、ニキビ予防の方法も変わってきます
私も思春期の頃は効果があったオロナイン軟膏を塗る方法が、大人ニキビには効果がなく新しいニキビが次々と…

 

悩む女性

 

原因がわかれば、意識も変わるので自然とニキビを予防することができますよ!

 

 

思春期ニキビとは

思春期ニキビとは、成長期である13歳〜18歳ごろにできてしまうニキビのこと。
おそらく、今まで1つもできたことがないという方は少数派ではないでしょうか?思春期ですから、身体の変化には敏感で気になってしまうものですよね!

 

頭を抱える女子高生

 

成長期は、性別は関係なく成長ホルモンと男性ホルモンの分泌量が増加します
男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂分泌を促す作用があります。ニキビは皮脂や汚れ、古くなった角質が毛穴に詰まってできるので、皮脂の分泌量が増えるとニキビができる可能性も高くなるんですね!

 

顔面は身体の中で最も皮脂の分泌量が多い場所だといわれています(ちなみに2番目は背中)。
この皮脂の過剰な分泌は、第二次成長期が終わると徐々に治まります。

 

 

大人ニキビとは

大人ニキビの原因は1つではありません。人によって原因も違い、女性特有の大人ニキビもあります。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • メイク
  • 洗顔
  • 乾燥
  • 紫外線
  • 月経
  • 食生活の変化
  • 間違ったスキンケア

などなど…   

20歳をすぎて社会人になると、学生時代とは生活環境も変化します

 

新生活で1人暮らしを始めると、バランスの取れた食事や睡眠時間を確保することは難しくなります。
環境の変化によってホルモンバランスが崩れたり、ストレスがうまく発散できず月経周期が変化するのも大人ニキビの原因と言えます。

 

モニターを見て悩む女性

 

また、学生時代とは違って社会人になるとメイクはマナーの一環になってしまいます。
皮脂と同じく、毛穴にファンデーションなどが詰まったままだとニキビの原因になってしまいます。難しいところで、洗顔やクレンジングのし過ぎは乾燥を引き起こしたり、お肌に刺激となって伝わるのでニキビの原因になりかねません

 

 

このように、大人ニキビと思春期ニキビとでは原因も違うんです。
大人ニキビは、思春期よりもお肌の管理を徹底して行い、できるだけ肌ストレスのない生活を送るように心がけることが大切なのですが、なかなかできないのが現実。

 

せめてすぐに改善できるスキンケアから見直してみましょう!間違ったスキンケアをしていると、どんなに生活習慣を改善してもニキビができるだけでなく、ニキビ跡に悪化してしまう原因になってしまっているかもしれません!

 

スキンケアをする女性

 

正しいスキンケアについては、後ほど基礎化粧品の正しい使い方でもご紹介していますので、参考にしてみてください♪

ニキビ跡ケアと美白の関係性

「美白」という言葉、あなたも1度は聞いたことがあると思います。
昔からお肌が白い女性は美しいとされ、つややかで雪のように白いお肌は女性なら誰もが憧れるもの!

色白の女性

美白ができる!というスキンケア化粧品も数多く発売されていますよね。
なんとなーく「美白」という言葉にひかれてスキンケア商品を買ってしまうことってありませんか?

実はスキンケア商品においての「美白」とは、お肌が白くなるという意味ではないんです!

ニキビ跡ケアにも深くかかわってくるこの「美白化粧品」。その効果は主にシミやそばかすを防ぐとかシミやそばかすなどの無いきれいなお肌を目指すという意味で使われていることがほとんどです。

スキンケア商品イメージ

もともと地黒の人や、日焼けしてしまった皮膚を白くしたい!と思って美白化粧品を使っても、白くなる人はおそらく0に近いはずです。

しかし、色素沈着タイプや赤みタイプのニキビ跡には、この美白化粧品がピッタリな場合もあります!
例えば、色素沈着タイプのニキビ跡は、シミやそばかすなどの肌トラブルと似ているんですよ。

症状

原因

シミ

そばかす

・乾燥
・摩擦や刺激
・紫外線
・寝不足や食生活などの生活習慣
・間違ったケア
・タバコ

ニキビ跡

(色素沈着)

・乾燥
・摩擦や刺激
・紫外線
・間違ったケア
これらはシミ・そばかすと色素沈着タイプのニキビ跡の原因を比較したものです。
ニキビ跡(色素沈着タイプ)で当てはまっている原因は、シミやそばかすの原因にも当てはまっていることがわかりますね。

ニキビ跡とシミに悩む女性

こちらもよく耳にする「メラニン」ですが、これは人間が外敵刺激を受けた際に自己防衛として発生させる物質なんです。
細胞組織を紫外線や刺激などのダメージから守るために発生させるのがこの「メラニン」。

メラニンを色素から薄くすることができる還元作用を持つ成分は少なく、代表的なものとして
  • ビタミンC
  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • プラセンタエキス
  • L-システイン
などがあげられます。
メラニンの元となるチロシナーゼの生成を阻害して、色素沈着を防ぐ成分はたくさんあって
  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • カモミラET
  • ルシノール
  • コウジ酸
などなど、ほかにもたくさんあります。紫外線などの紫外線を浴びた直後、色素沈着が起こる前に使用することで効果が期待できます。

つまり、シミや色素沈着タイプのニキビ跡など、すでにメラニンが色素を発生させている場合はメラニン還元作用がある成分に注目したほうが効果は高いかもしれませんね(^^

還元作用がある美容液を見に行こう!>>>

基礎化粧品の正しい使い方

あなたは基礎化粧品を正しく使えていますか?
基礎化粧品とは、化粧水や乳液などのスキンケア化粧品のこと。

 

スキンケアをする女性

 

洗顔後の基礎化粧品による正しいスキンケアは美肌の鉄則!
せっかくいいものを使っていても、正しい使い方ができていないと効果は半減してしまいます…
この機会に正しいスキンケアを覚えましょう!

 

美肌を保つために必要な基礎化粧品はこの4つ。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

化粧水や乳液はお使いの方が多いかと思います。
しかし、美容液やクリームまで使っている方は、なかなかいらっしゃらないんじゃないでしょうか?
それぞれの基礎化粧品の役割と使い方を確認しましょう!

 

@ 化粧水

洗顔後はまず、化粧水です!
洗顔すると、お肌の汚れと一緒にお肌の水分も一緒に流れていってしまいます。
特に洗顔料やクレンジング料を使用した後は、お肌は乾燥状態。素早くお肌にうるおいを補給してあげる必要があります。

 

水面のイメージ

 

手のひらで温めた化粧水を、お肌にまんべんなくつけます。
この時、パッティング(お肌をぺちぺちたたくこと)するのではなく、お肌を包み込むように手のひらを当てて浸透させてください。
これを変えるだけでも、化粧水の浸透力が違いますよ!

 

A 美容液

化粧水はあくまで保湿がメイン。
肌トラブルを改善するために重要なのがこの美容液です。自分の肌トラブルに合わせて、有効成分をお肌に届ける目的で使用します。

 

重要なのは目的に合ったものを選ぶこと!
美白美容液や保湿美容液など、いろんな種類のものが発売されているので、きちんと自分の症状に合ったものを選ぶようにしましょう。
おすすめニキビ跡用美容液↑↑

 

つけ方は化粧水と同じで、手に取って温めてから手のひら全体で付けてください。もともと皮脂の多いTゾーンなどは軽くでOKです。

 

B 乳液

保湿効果と肌にうるおいのヴェールを作るのが乳液です。
さらに角質を柔らかくし、柔軟性のあるお肌にしてくれる作用があるので保湿成分や美容成分が入りやすくなります!

 

柔らかい布のイメージ

 

化粧水や美容液よりも油分が多く、こっくりとしたテクスチャーのものが多いですね。化粧水・美容液が乾燥しないうちに、手のひら全体でこすらないようにつけてください。

 

C クリーム

乳液と同じく、保湿を目的としています。
乳液よりも油分が多いので浸透力を上げるというよりも、長時間うるおいを保つためにお肌にバリアをはるといったイメージです。

 

寝ている間は意外とお肌が乾燥するので、朝起きるとガザガザ…という方にこそ使ってほしいですね。油分が多い乳液やクリームはお肌になじみにくいので、化粧水や美容液よりも入念に手で温めてからつけるようにしてください!

 

鏡を見て不満そうな表情の女性

 

ニキビができやすい方やオイリー肌の方は、特に乳液やクリームなどのケアを敬遠しがちですが、この順序でしっかりとスキンケアを行うことでお肌にうるおいが保たれた状態になり、有効成分がお肌の奥まで届きやすくなります。

 

きちんとしたスキンケアの順序とつけ方を続ければ、ニキビ跡ケアはもっと効果的になります(^^♪
オールインワン美容液で解決★>>>

最後に…

いかがでしたか?
いろいろ書きましたが、やっぱり効果てきめんなのはスキンケアを変えることとスキンケアの方法を改善してみること。私は入浴後のスキンケアをしっかりするようになってからニキビ跡が改善されてきました。自分のスキンケア方法は客観的にみると改善点が見えてくるはずです。

 

ニキビ跡ケアで後悔しないためには、3つのメソッドをしっかり守って過ごすことが重要です。無理して行うのではなく自分のできるとことから徐々にはじめてみてください。

 

ほほに手を当てる女性

 

例えば、美容液を取り入れるなどはスキンケアにプラスするだけなので今日からでも始めることができます。保湿はもちろん、お化粧や紫外線で疲れているお肌にしっかり美容液を浸透させてあげてください。
おすすめ美容液の詳細はこちら>>>